ドクターXはいつみても面白い

ドクターXを最初のシーズンから見ているが、どの回をみても、印象に残る場面があります。
最初はいつもの決めぜりふを聞くとスカットして、「御意」という言葉もこのドラマで覚えました。
医者の世界も派閥や出世競争もあり、患者をおきざりにするところは、一般の社会と同じか、
それ以上の権力闘争があることを教えてくれる番組です。

キャストも個性陣がそろい、演技がうまいので、引き込まれます。
今回は高畑淳子さんが良いです。バラエティーでみせる面白いキャラを封印して、

看護師長としての厳しさと真面目さが見れてうれしいです。直角に曲げるお辞儀は、気に入っています。

米倉涼子さんは、毎回違った一面を見せてくれますが、今回は眼の表情がよいです。手術するときに、かっと見開き、患部を凝視しているところは、手術の手さばきの向上と重ねて、頼もしくなっています。

あれだけ手術の腕があるのに、麻雀にいつも負けているところが、人間らしくでいいです。岸部一徳さんがメロンを持参し、帰りに踊りながら帰る場面もすきなところです。

コメントは受け付けていません。

カテゴリー
お気に入り